XF27mmf2.8用フジツボフード&レンズキャップがTTArtisan35mmf1.4に最適

こんにちは。

先日購入した、銘匠光学 TTArtisan 35mm f1.4。
コンパクトで、なかなかちゃんと写って、散歩のお供に最適でお気に入り。

ただ1点だけ使いにくいと感じるのが、付属しているねじ込み式のレンズキャップ
さっと撮影したい時やカメラをカバンに仕舞う際、くるくる回して外したり付けたりするのが結構面倒なんですよね。

そこでたまたま見つけたFUJIFILM XF27mm f2.8専用のレンズフードとキャップ。
これが予想以上にピッタリで、使い心地がよくなった!ということてレビューしてみたいと思います。

XF27mmf2.8用フジツボフード&レンズキャップがTTArtisan35mmf1.4に最適

今回購入したのはFUJIFILM XF27mm f2.8専用のレンズフードとレンズキャップ
フィルター径が39mmで同じだったので、これは使えるのでは?と思って注文してみました。

フードはドーム型
俗に言うフジツボフードです。
付けっ放しでOKのフジツボフードは、フードをつける手間もなく好きな形。

キャップはフードの上からつけるかぶせ式。
ピタッとはまるので、落ちる心配はなさそうです。

純正以外のフードを使うと心配なのはケラレ。
簡単に撮影した感じは全く問題なしでした。

35mmより広角の27mm用なので当然といえば当然ですね。

上がXF27mm用のフード+キャップ。
下が付属のねじ込み式キャップ。

フードをつけると若干全長が伸びますが、こればっかりは仕方ないですね。
キャップはフードにすっぽり被るので長くなるのはフード分だけです。

フードをつけてみて思いがけず良かった事が、レンズ面に指が触れる心配がなくなったこと。
(保護フィルターはしていますが)

このレンズ絞りリングが前(レンズ面側)にあって、さらにレンズがかなり小さいので、絞りを回すときに誤ってレンズ面を触りそうになることもありましたが、フードがついたおかげで気にしなくてよくなりました。

まとめ「TTArtisan35mmf1.4用のフード&キャップはこれで決まり!」

フィルター径39mmで同じだから装着できるよなー?と半信半疑で注文してみましたが、実際つけてみるとピッタリ。

フレアやゴーストを防ぐと言うフード本来の効果や、レンズキャップが着脱しやすくなったのはもちろん、指がレンズ面に当たる心配もなくなり、使い心地が格段にアップしました。

TTArtisan35mmf1.4を使用していて、キャップが使いにくいなーと感じている方はぜひお試しあれ。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です