漬けるだけの万能常備野菜!「酢玉ねぎ」の作り方

こんにちは!
自粛生活が続いて、ストレスが溜まったり運動不足と感じている人も多いみたい。
梅雨の時期になると体が重く感じたりもしますよね。そんな時にオススメの常備野菜が、さっぱりした酢玉ねぎ
簡単にできて栄養満点!ってことで紹介していきます~!

漬けるだけの万能常備野菜!「酢玉ねぎ」の作り方

期待できる効果

血液をサラサラにする成分を多く含む玉ねぎと、血糖値の上昇を抑えて疲れを癒す効果のあるお酢。
この2つが組み合わさると…
・血流改善
・疲労回復

・血糖値の上昇抑制
・ダイエット効果
などなど
嬉しい効果が期待できます!
作っておけばサラダや冷奴なんかにちょっとプラスできるのでとっても便利。

酢玉ねぎの作り方

玉ねぎに味が染み込んで食べごろになるのは3~5日後
早めに作っておくのがオススメです。

用意するもの

材料はとってもシンプル!
・玉ねぎ
・酢
・はちみつ
・塩
・保存用の瓶(または容器)
分量は、正直お好みで!

それでは早速作っていきましょう~!

玉ねぎを薄くスライス。
切る方向はどちらでも良いけど、繊維に沿って切ると食感が残りやすく、繊維に逆らって切ると味が染み込みやすいイメージ。
今回は繊維に沿って薄ーく切っていきます。

1個分切り終わりました~。

切った玉ねぎを瓶へ。
上までたっぷり入れます。

玉ねぎ1個でこの瓶2つ分くらい。
瓶が無ければガラスの保存容器でもOK。タッパーだと匂いが付きそう。

玉ねぎが浸かるまでお酢を入れて、はちみつ、塩を投入。

お酢とはちみつ、塩が入ったら完成!
あとは冷蔵庫に入れて3日~5日で食べごろになります。

オススメの食べ方

私は、オリーブオイルをかけたトマトと一緒に食べるのが好き。
トマトの甘みでお酢のツンとした酸味が和らぐのです。
酸っぱいのが苦手!という人にはぜひオススメしたい!

他には、
ポテトサラダ:いつもの玉ねぎを、酢玉ねぎに変更してさっぱりと。
酢玉ねぎとツナの和え物:きゅうりなんかも入れて、ちょっとお醤油を加えて一品に。
なんてアレンジもいろいろ!

まとめ「疲れやだるさも一気に改善!酢玉ねぎで免疫力アップ」

というわけで、簡単に作れる「酢玉ねぎ」を紹介しました。
玉ねぎが旬の今、玉ねぎそのものも美味しいし、お値段も手に入れやすいですよね!
夏を迎える前に、暑さにも負けない体づくり、始めましょう~!
それでは、また☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です