【京都】新緑の京都を楽しむ(後編)!常寂光寺にいってきました!

こんにちは!

つづすけです!

新緑の京都を楽しむ!シリーズもいよいよ後編です!

最後は、閉門間際の常寂光寺へ滑り込みました。

それでは、どうぞ~!

 

常寂光寺へのアクセス

祇王寺から徒歩5分程度の場所にあります。

渡月橋方面から見ると、祇王寺が奥常寂光寺が手前です。

詳しいアクセスは、祇王寺の記事(【京都】新緑の京都を楽しむ(中編)!祇王寺にいってきました!)をご覧ください。

 

常寂光寺へいってきました!

(雨の影響でこの写真はiphoneで撮影しています。)

祇王寺で雨宿りをしていたために、常寂光寺へ到着したのは16時20分ごろ。

拝観受付が16時30分までなので、ぎりぎり滑り込ませてもらいました。

拝観料は500円

 

受付を通り過ぎると、最初に仁王門があります。

この仁王門がとても雰囲気があって美しい。

新緑に、しとしと降る雨が加わって、風情があるという言葉では表しきれないですね。

仁王門を過ぎると、本堂へ続く石段があります。

石段と、新緑と、苔と。

鮮やかな緑の世界に引き込まれていきます。

そしてこの石段を登り、上から見る仁王門がまたとても素晴らしい!

趣があるとはこういうことでしょうか。

登りきったところにある、こちらが本堂。

常寂光寺は境内が広く、結構高くまで登ることができます。

時間がぎりぎりだったので駆け足で境内を回りましたが、ゆっくりと散策して緑の世界を満喫するのが良いと思います。

上の方には、多宝塔や展望台もあり、天気が良ければ見晴らしが良さそうです!

が、この日は何も見えませんでした。。

拝観時間のぎりぎりまで、滞在させていただいたのでこんな貴重な場面も。

普段は開いている仁王門が閉門されていました。

緑の世界の中を散策して、とても気持ちがいい!

祇王寺や源光庵とは少し違う、散策できる新緑も心が落ち着きとても良かったです。

 

まとめ

というわけで、新緑の京都を楽しむ!後編の常寂光寺をお届けしました!

鮮やかな緑の世界の中を散策でき、とても気持ちの良いお寺でした。

もう少し暑くなってくると、新緑の爽やかな風をさらに感じられそうです!

 

新緑の京都を楽しむ!シリーズも今日で最後!いかがだったでしょうか?

新緑より、つい紅葉に注目が集まりがちですが、紅葉とは一味違った魅力がありますね!

新緑を見ていると、心が和らぎ、フレッシュな気持ちになって元気が出てきます!この時期の京都は、観光客の方も少ないですし狙い目ですよ!

また後日、今回行けなかった場所で行きたいところを含めて、おすすめスポットをまとめておこうと思います。

それでは、また〜!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です