桜吹雪の撮り方!一眼レフの設定方法をまとめてみました!

こんにちは!

つづすけです!

最近は毎日暖かく、桜も終わりに近づいてきましたね。

桜の終わりの時期になると見られるのが、桜吹雪です!

儚く散っていくのはかなしくも、美しいですよね!

そんな桜吹雪ですが、iphoneなどの携帯だと上手く写らないですし、一眼レフを使ってもなかなか難しい。先日も岩倉桜まつり(岩倉市五条川の桜まつりへ行ってきました!で大苦戦しました。

そんなわけで桜吹雪の撮り方を、自分の備忘録としてもまとめておきたいと思います!

 

桜吹雪の撮り方!一眼レフの設定方法をまとめてみました!

まず、桜吹雪を撮るためには桜が散らないと始まりません。

なので、桜が終わりかけの時期で、風の強い日が桜がよく散って良いと思います。

では、実際の撮り方を見ていきましょう!

  1. モードは、M(マニュアル)モードかTv(シャッタースピード優先)モードで!
  2. シャッタースピードは、1/500以上!
  3. ISO感度を上げて、シャッタースピードを上げる!
  4. 桜吹雪の背景を選ぶ!

 

1、モードは、M(マニュアル)モードかTv(シャッタースピード優先)モードで!

桜吹雪を撮るためには、シャッタースピードを早くする必要があります。

オートや、Av(絞り優先)モードを使うと好きなシャッタースピードに変更ができません。

なので、モードはMモードTvモードを使いましょう!

普段オートで撮っている方は、Tvモードがおすすめです!

 

2、シャッタースピードは、1/500以上!

1の設定でシャッタースピードを変更できるようになりました。

次は、シャッタースピードを1/500より早く設定します。

桜吹雪が舞うスピードが速いので、しっかりと写し止めるためです。

あまり遅くしてしまうと、花びらが伸びたように写ってしまいます。

 

3、ISO感度を上げて、シャッタースピードを上げる!

1、2と設定をして写真を撮ってみて、

あれ?なんか暗いなと感じたり、もう少し絞りたいと思った時は、ISO感度を上げましょう!

今のカメラであれば、等倍鑑賞や余程大きく印刷しない限り、ISO3200ほどまで上げても気になりません。昼間であればそこまでISOを上げることはないと思いますが、、、

 

4、桜吹雪の背景を選ぶ!

最後はカメラの設定ではないのですが、すごく大切です。

これはCanonのHPを見て、ワタクシも初めて知り勉強になりました。

桜は、白く淡い色をしているので明るい背景だとなかなか写りません。

なので、暗い背景を選ぶようにしましょう!

背景をちゃんと選ばず、桜吹雪が写っていない写真がこちら。

実際は、たくさんの桜吹雪が舞っていたのですが、桜並木と桜吹雪がかぶってしまって全く写っていません。

 

まとめ

というわけで、紹介した撮り方で撮った写真がこちら!

本当はもう少し背景が暗いほうがいいのでしょうが、橋の部分や川岸が暗いので、桜吹雪が写っています!

  1. モードは、M(マニュアル)モードかTv(シャッタースピード優先)モードで!
  2. シャッタースピードは、1/500以上!
  3. ISO感度を上げて、シャッタースピードを上げる!
  4. 桜吹雪の背景を選ぶ!

 

この4つの設定と方法で桜吹雪が撮れるので、桜を撮りに行く予定がある人はチャレンジしてみてください!

他にも、ストロボを使った方法や、スローシャッターの方法なんかもあるみたいなので、機会があれば挑戦してみたいと思います〜

まもなく桜の季節が終わってしまいますが、最後まで桜を楽しんでくださいね〜!

それでは、また〜!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です