増税をお得に!楽天Payを導入してみました!(使い方)

こんにちは!

10月に入りついに消費税が10%に。

今までスマホ決済は特に気にしていなかったのに、けっこうおトクなのかしら、と気になりだした私。

何かとお得みたいなので楽天Payを導入してみました。早速使ってみたので使い方やメリットなどを紹介します!

増税をお得に!楽天Payを導入してみました!(使い方)

クレジットカードや電子マネーなど、現金以外で支払うキャッシュレス決済。

なかでも「・・pay」なんて名前のスマホ決済は、気づけばいろんな企業から出ていて、一体どれを選ぶべき?という感じに。

楽天をPayんだ理由

まず楽天ペイにした理由をご紹介。

①キャンペーンが充実している

②もともと楽天ユーザーだから新たな登録が必要ない

  私は楽天カードを使っているので、還元分も楽天ポイントとして貯められるのは便利!

楽天ペイの使い方

ではさっそく使い方を見ていきましょう!

登録は簡単!すでに楽天カードを使っている方はもっと簡単です。

①楽天Payアプリをダウンロード

②楽天会員の方は…ID・PASSを入力してログイン

 楽天会員でない方は… 氏名・メールアドレス・クレジットカードなどの情報を入力して新規登録

④位置情報へのアクセス許可、利用規約への同意など画面に沿って操作

⑤電話番号を入力し、SMSに届いた6桁の番号を入力

⑥クレジットカードのセキュリティコードを入力

これで登録は完了です!

画面に沿ってタップしていくだけなので5分もあれば登録できちゃいます。

楽天Payを実際に使ってみる!

実店舗での支払い方法は3つありますが、使い方はとってもシンプル。

この表示があるお店なら楽天Payでの支払いが可能です。

・コードを店員さんに読み取ってもらう

・QRコードをかざす

・セルフで金額を入力し、支払い完了画面を見せる

私は一番シンプルな、コードを見せる方法で初めて支払いをしてみました!

①支払いの際に「楽天Payで」と伝える

②店員さんにバーコード・QRコードを提示し読み取ってもらう

お支払い完了!

分かりにくかったところ

私が実際使う直前に迷ったのが、楽天キャッシュの存在。

楽天Payアプリのホーム画面には、チャージという表示があるため、支払いの際にはチャージが必要なのかな?と迷いました。

この、楽天キャッシュというのは、フリマアプリ「ラクマ」での売上金を使いたい時や、ほかの人に送金・お金の受け取りができる電子マネーなのですね!

シンプルに登録したクレジットカードからの支払いにする場合は、何も設定せずアプリを開いて、コードを読み取ってもらうだけ。

肝心の還元率は!

現金では還元率0%のところが、実際どれぐらいお得かというと・・・

こんな感じ!現在実施中の楽天のキャンペーンでもかなりお得になるのです。

対象店舗 キャッシュレス・消費者還元事業対象店舗

【楽天Pay キャンペーン】その他全店舗

中小・小規模事業者が経営する対象店舗 中小・小規模事業者が経営するフランチャイズチェーン 大企業(コンビニ・ドラッグストア等)
政府の消費者還元事業による還元率 5% 2% 0%
楽天Payによる還元率 上記の還元率+0% 上記の還元率+3% 上記の還元率+5%

 

このキャンペーンは2019年10月1日~12月2日までと期間が決まっています。

ただ【第1弾】ということで今後も期待できそう。

さらに楽天Pay の支払い方法を楽天カードに設定しているとさらに1%とかなりおトク。

注意点は、キャンペーン分のポイント進呈は期間中で最大3000ポイントというところ。

まとめ「意外と簡単でかなりお得!」

というわけで、実際に楽天Pay を導入して使ってみた様子をご紹介しました。
登録も使い方もとってもシンプル!
実際どうなんだろう、と思っていましたが、キャッシュレス決済は使わないと損ですね!
キャンペーンの内容もかなり魅力的なので、まずは楽天Payを入れましたが
楽天Payではなくほかのスマホ決済に対応しているお店もあるので、ほかのサービスも入れてみようかなと考えています。

それでは、また☆彡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です