無印良品・充電式モバイルハンディファンを購入しました。

こんにちは。

最近の夏は例年猛暑、酷暑の日々でとにかく暑い。
加えて昨年からはコロナ禍でマスク必須の生活が続いています。

そこで購入を考えたのがハンディファン
最近は使っている人を街でもよく見かけます。

500円なんていう激安の物から数千円のものまであるので、散々悩んだ末に無印良品のモバイルハンディファンを購入したのでレビューしたいと思います。

無印良品・充電式モバイルハンディファンを購入しました。

まずハンディファンを買う時に考えたポイントは3つ

1. 風の強さ
2. 携帯性
3. 自立式


いくら安くても風が弱かったり、大き過ぎて持ち歩きに不便だったりしたら使わなくなると思ったので、1,2は重視。
3は探しているうちに持ち手部分を折り畳んだりして自立できるものを見つけたので、便利そうだなーと。

そこでたまたま見つけたのが無印良品のモバイルハンディファン
無印のハンディファンは小さいのと大きいの2種類あって大きい方です。

簡単なスペックはこんな感じ。
充電時間:約6時間
運転時間:最大約10時間
風量調節:4段階

スペック自体はちょっといいハンディファンぐらいかな?と思います。

さっそく開封。
全体が白でシンプルな見た目がいいですね。

持ち手はちょっと横長で珍しい感じ。

持ち手の後ろ側が開いて自立できます。
これならデスクに置いても使えますね。

持ち手の横の穴には付属のストラップを通すこともできます。

そしてぜひ見ていただきたいのがこの羽。
モバイルハンディファンの最大の特徴はこの羽が2枚あること。
これによって小さなハンディファンなのに強い風が生み出せるんですね。

無印の中では大きい方のハンディファンですが十分小さいです。
iPhoneSEと比べるとこれぐらい。

ちなみに無印の小さい方のコンパクトハンディファンはもっと小さいので、携帯性バツグン。

実際使ってみても、風量がすごい
ターボにすると、ちょっと風の弱い扇風機なら同じくらいじゃない?というくらい風がきます。

ハンディファンって風が弱いイメージだったので、この無印のモバイルハンディファンを初めて試した時即決でこれに決めました。

まとめ「コンパクトかつ大風量の無印のハンディファンで、快適に夏を過ごす!」

ということで、無印良品のモバイルハンディファンのおかげで今年の夏は少し快適に過ごせそうです。

風量は強いのに、携帯性は損なわれず使い勝手がいいので常に持ち歩こうと思います。

この大きい方のモバイルハンディファンは大人気みたいで、店頭では在庫のない店舗が多いので、取り寄せやオンラインストアの店舗受け取りがおすすめです。

ちなみに画像のリンクは無印良品ではないですが、実は無印のハンディファンをOEMしているリズムという会社の出しているハンディファン。
スペックはざっと見た感じ同じみたいでカラーバリエーションがあるので、他のカラーが欲しい場合はこちらを選んでもいいかもしれませんね!
(僕もブログ作成中に知りました)

それでは、また。

無印良品の公式通販はこちらから ⇒ https://www.muji.com/jp/ja/store

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です