surfaceを外部モニターと繋ぐ方法(デュアルディスプレイの設定も!)

こんにちは!

コロナ禍ということもあり、在宅勤務が増えたなんて言う人も多いのではないでしょうか?
私も在宅勤務を快適にすべく前回の記事(関連記事: 在宅勤務にもおすすめ!外部モニターのBenQ GW2480を購入しました!) で紹介したように、外部モニターを導入しました!

ただ!初の外部モニターで、繋ぐだけ!と思っていたのに意外と苦戦。
そこで今回はsurfaceと外部モニターを繋ぐ方法から、設定方法までをご紹介します!

surfaceを外部モニターと繋ぐ方法(デュアルディスプレイの設定も!)

1、外部端子に合わせたケーブルを用意!

外部モニターを購入すると、HDMIケーブルが付属してくることが多いですが、実はこれが1つ目の落とし穴
surfaceにはHDMIケーブルをそのまま挿すことができないのです。

そこで必要なのは、HDMI-Mini DisplayPort みたいに片側が変換されているケーブル!

ただし!surface proのモデルごとに外部端子が異なるので機種に応じたケーブルを用意してください。

モデル外部端子
surface pro7USB-C
surface pro7以外Mini DisplayPort

外部モニターにHDMIケーブルが付属してるので、これを使わないと!なんて思うと、全然種類のないHDMIの変換アダプタを探す羽目になるので要注意です(私がそうでした)。

Surface pro 6なら、こんな感じでMini DisplayPortに挿します。

2.ディスプレイ設定!

ケーブルが届いたら早速接続!
これで使える〜と思いきや少し設定が必要です。

接続しただけの状態だと、ミラーリング?の状態なので、surfaceの画面と外部モニターには全く同じ内容が表示されます。
これでは、せっかく作業領域を増やしたいのに意味がないですよね。
そこで少し設定が必要!

1、ディスプレイ設定画面を開く

[スタート][設定] → [システム] →[ ディスプレイ]
と進んで、ディスプレイの設定画面を開く。

2、表示画面を拡張するに変更

[複数のディスプレイ]という項目があるので、「表示画面を拡張する」 に変更。

3、ディスプレイの位置を設定

表示画面を拡張するに変更すると、同じ画面の一番上に[ディスプレイの配置を変更する]という項目が出てきます。
「2」の方がセカンドディスプレイを表しているので、ドラッグして上下左右好きな位置に動かします。

ちなみに「2」の方を選んで、このディスプレイをメインディスプレイにするを選択すると、外部モニターをメインとして使うことができます。

まとめ「間違えずにケーブルを準備すれば、設定は超簡単!」

というわけで、無事に外部モニターとSurfaceを繋げることができました!
付属のケーブルを使わなきゃ~と思いがちですが、自分のパソコンにあったケーブルを用意すればあとは簡単!
作業領域が広がって超快適です。

それでは、また☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です