プラグイン「Jetpack」の全機能を設定する方法

こんにちは!

つづすけです!

あるカケは、wordpressを使って運営していますが、wordpress初心者のワタクシ。

わからないことがたくさん出てきます。

今回困ったことがとっても便利な多機能プラグインの「Jetpack」。

統計情報が取れたり、便利な機能がたくさんで使っている方も多いと思います。

そんなJetpackですが、重いということもささやかれていて、この”あるカケ”もなんか重いなーなんて思っていました。

そこで!不要な機能をoffにしようとおもったのですが、設定のページでは明らかに設定できる項目が少ない。

調べても、おすすめ機能とかはよく出てくるんだけど、肝心の設定のページにたどり着けない。

苦労してやっと全機能を設定できるページにたどり着き、無事不要な機能をoffに出来たので、同じようなところで困っている方もいるのかな?と思い設定ページに行く方法を書いておきたいと思います。

 

プラグイン「Jetpack」の全機能を設定する方法

今回は、インストールからの流れは紹介しているサイトがたくさんあるので省略して、30以上ある全機能を設定するページを開く方法を書いていきます。

 

まず、通常の設定ページがこちら。

実はこのページで設定できるのは、機能の一部のみです。

例えば統計情報が必要ないなーと思ってもこのページでは、停止することができません

 

そこで、全機能を設定できるページに行く必要があります。

まずは、管理画面からJetpack→設定と進みます。

設定を開いたら、一番下までスクロールします。

デバッグ」というボタンがあるのでクリックします。

そうすると、デバックセンターというページが開きます。

このページの下の方、

お使いのサイトで使用可能なJetpackモジュールの全一覧にアクセスします

という文章が、30以上あるJetpackの全機能を設定するページの入り口です。

あとは、次のページで必要な機能を有効化、不要な機能を停止することができます。

 

今回はこちらのサイトお参考にして、不要な機能を停止してみました。

https://arata01.info/jetpack-pluguin-37-2593

 

まとめ

というわけで、Jetpackの全機能を設定する方法をご紹介しました。

初心者でも簡単に導入できるwordpressですが、やはり困り事も多い!

同じような境遇の方の参考になれば幸いです!

ちなみに不要な機能をoffにして、phontonという機能をonにしたところ、”あるカケ”は少し表示速度が上がりました!

Jetpackを導入して重くなったと感じた方は、参考にしてみてください。

それでは、また〜!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です