【京都】比叡山・ガーデンミュージアム比叡に行ってきました!

こんにちは!

今年の夏も暑い!
連日猛暑日が続いて中々外に出る気にもならないですよね。
そんな時は避暑できるところへ行こう!ということで比叡山へ行ってきました。

街中よりも標高が高いだけあって風が冷たくて気持ちいい〜
さらに琵琶湖の眺めも最高だった!という様子をお届けします!

比叡山・ガーデンミュージアム比叡に行ってきました!

やってきました!出町柳駅〜!

比叡山へは、叡山電鉄で「八瀬比叡山口駅」まで行き、そこからケーブルカーロープウェイを乗り継いでいきます。

まずは叡山電鉄で八瀬比叡山口駅へ。
以前瑠璃光院へ来て以来、久しぶり!(八瀬・瑠璃光院の春の特別拝観へ行ってきました!)

川が流れていて早速涼しげな雰囲気の中を歩いて、八瀬比叡山口駅からケーブル八瀬までは5分ぐらい。

だいたい20分に1本なので時間を合わせて行くと待ち時間が少なくて済みます。

お得な切符があるということで、ケーブルカー・ロープウェイ・ガーデンミュージアム比叡入園券がセットになっているチケットをゲット。

出発すると、急坂をずんずん上がっていきます。

街が小さくなってきた〜


乗車時間10分ほどで到着!

ケーブルカーを下車すると目の前にロープウェイがあるので乗り継ぎます。

ケーブルカーとかロープウェイとか乗るのって楽しいですよね〜

ロープウェイは3分ほどで、比叡山頂に到着〜!

ここまでくると涼しいし、風が冷たくて気持ちいい〜!
標高840mの比叡山頂は、街中よりも約5℃低いんだとか。

眺望も最高!

さて、比叡山頂に到着したらガーデンミュージアム比叡へ向かいます。
ロープウェイを降りて徒歩3分くらい。

園内に入るとさっそく、琵琶湖がめちゃくちゃ綺麗に見える〜!

展望塔からの眺めはさらに最高!
エアコンがついていなくても、吹き抜ける風が心地いい。

展望塔で涼んだ後は、園内散策へ。
ガーデンミュージアム比叡では、約1500種、10万株の花々が楽しめます。

園内には、こんな感じで陶板に再現された、たくさんの絵画が!

庭園はゴッホやモネと行ったフランス印象派の画家たちが好んで描いた風景をモチーフにしていて、絵画とのコラボレーションなんですね!
だからガーデン“ミュージアム”比叡なんですね〜

黄色がいかにも夏っぽくて青空に映える!

園内は藤の丘、花の庭、睡蓮の庭、みたいな感じでテーマごとに分かれています。

やっぱり夏といえばひまわり!

色々な花があったり、エリアごとにテーマに沿ってデザインされていたり写真を撮るのも楽しいいですね。

まとめ「約5℃低い比叡山は避暑にぴったり!」

行ってみるまでは、本当にそんなに涼しいのかな〜?なんて思っていましたが、風が冷たくて気持ちよくて連日の猛暑日から逃れるには最高でした。
避暑というと車で山へいくイメージでしたが、京都市内から公共交通機関で気軽に行けるのがいいですね!

気温は約5℃低くても、庭園内は屋根が少なく日差しはしっかりキツイので、帽子や日傘があると快適に散策できますよ!

それでは、また〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です