【京都】ぎをん小森でかき氷&わらび餅を食す。

こんにちは。

毎日暑い日が続き、夏真っ盛りな今日この頃。

スイーツも冷たい夏の甘味が食べたい気分ではないでしょうか?

ということで、冷たいかき氷を求めて祇園白川にあるぎをん小森へいってきました。
(以前夏のスイーツ巡りをした記事はこちらから:京都で「夏のスイーツ巡り」をしてきました!

ぎをん小森でかき氷&わらび餅を食す。

やってきたのは祇園の中心、祇園白川
京都といえばここ、というぐらい有名な場所ですね。

お店は巽橋の目の前にあります。
京都らしい風情ある佇まい。

中に入ると縦に長い廊下が昔からの京町家を感じさせます。
このエリアは伝統的な京町家の保存地区だそうです。

甘味どころというこで、メニューはパフェやぜんざい、わらび餅などなど。
今回は季節限定の甘夏のかき氷と、わらびもちにグリーンティーをセットにしたものを注文してみました。

畳の部屋で庭を眺めて、優雅な時間です。

待っている時間もあっという間に過ぎ、まずこちらがわらびもち。

わらび粉100%で作られるわらび餅は、弾力のあるぷるぷるの食感に柔らかな甘みを感じます。
黒蜜は黒糖の味がしっかりと感じられコクがあり、わらび餅の味を引き立てます。

こちらが甘夏氷。


ふわふわの氷を一口食べると、さっぱり感が体に染み渡る。
甘夏のシロップは苦味がなく、程よい酸味が爽やかです。

ということで、ごちそうさまでした。

暑い夏の時期には、さっぱりとしたかき氷が体もクールダウンできて最高ですね!
わらび餅に冷たいグリーンティーも休憩にぴったりでした。

祇園白川ということで、観光しながら寄りやすい場所なので一休みするのにもおすすめです。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です