【アルゼンチン】 パタゴニア!氷河トレッキングに向けて「エル カラファテ」へ!

 

プエルトナタレスで1泊した後はアルゼンチン エル カラファテへバスで移動。

 

氷河トレッキングに向けて「エル カラファテ」へ!

南米旅4か国めのアルゼンチンへ入国!

バスターミナルに着いたら公衆電話で日本人宿フジ旅館の予約をしよう! としたけどアルゼンチンペソを持っていなかった私たち。

小銭が出回らない!アルゼンチンに着いたとたんに困難到来!

仕方なくめっちゃくちゃレートの悪いバスターミナルで少しだけ替えました。

返ってきたのは全部お札。

-コインある?-ない。

お店で崩してもらおうと1番安いお菓子を買いましたが、おつりは全部お札。

-コインは? -ない。

止まっていたタクシーの運転手さんにも聞いてみましたが持っていない、と。

この国はコインが無いの⁉︎なのに公衆電話はコインのみ⁉︎

なんでやねんーとか思ってもう1人の運転手さんに、電話かけたいんだけど…と両替できないか聞いてみる。

-Toma. (持って行きな)  5ペソ分も持ってないからこれで電話しておいで、と1ペソくれました。

早速大切な1ペソを慎重に入れて電話してみましたが、話し中だったのか電話が悪かったのか、繋がらず。せっかくくれたのに…。

見ていたinformationの人が電話をかけてくれて無事フジ旅館に泊まれることに。

どうなることかと思いましたが、アルゼンチンでも早速優しい人たちに出会いました!

(宿情報は次回)

後でわかりましたが、お札は2ペソまであり、コインはあまり流通していないそう。

1ペソよりも細かいセンタボスは全然見かけません。

お店でも細かい数字はレジで切り捨てたり、お釣りがなければ1ペソや2ペソはまけてくれたりします。

やっぱりアルゼンチンのスペイン語って発音が違う!

午後からはさっそくinformation へ。

氷河トレッキングのために天気予報の確認。

-mañana llover. (マニャーナ ショベール : 明日は雨が降る)とお兄さん。

アルゼンチンだー!って思いました。 聞いていた通り、発音が違います!

例えば、 llover (雨が降る) ジョベール → ショベール

llave (鍵) ジャベ → シャベ

allá (あっち)  アジャー → アシャー

yogur (ヨーグルト) ジョーグル → ショーグル

最初は意識してないと聴きとるのが大変でした。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です