サイトを高速化!ロリポップのコンテンツキャッシュ機能を設定してみました!

こんにちは!

つづすけです!

このサイトは、ロリポップ!レンタルサーバーライトプランでwordpress運営しているのですが、

先日ロリポップからコンテンツキャッシュ機能の提供開始の連絡が来たので、早速設定してみました!

メールには、「従来の環境と比較し24倍のパーフォーマンスの改善・・・」と書かれていてこれは設定しないわけにはいきませんね!

 

ロリポップのコンテンツキャッシュ機能を設定してみました!

コンテンツキャッシュ機能とは?

wordpress初心者のワタクシ。まずはここから調べました。

コンテンツキャッシュ機能とは、

   

お客様のウェブサイトの表示内容を、「コンテンツキャッシュサーバー」に一時的に記録(キャッシュ)し、同じウェブサイトにアクセスがあった場合、コンテンツキャッシュサーバーから応答します。 ロリポップHPより

ということで、一時的にキャッシュすることによって、その都度ウェブサーバーにアクセスする必要がなくなり、表示が速くなるということのようです。(これで理解はあっているのかな?汗)

 

コンテンツキャッシュ機能の設定

では、実際に設定した方法をご紹介しておきます。

といっても、これがとても簡単です!

 

まずロリポップの管理画面にログインします。

 左側のメニュー「サーバーの管理・設定」から「コンテンツキャッシュ」へ進みます。

 

各ドメインごとに、下記のボタンが表示されるので、このサイトはwordpressなので「WP」を選択します。

以上で、設定は完了です!

とても簡単ですよね!!

 

表示速度を計測!

さて、ではどのくらい速度が速くなったかというと・・・

(計測はGTmetrixを使用しました)

【設定前】

【設定後】

スコア自体は変化ありませんが、スピードは速くなっているみたいですね!

実際ページを開いてみると、速くなっている気はします。

 

まとめ

というわけで、コンテンツキャッシュ機能を設定してみました。

設定も簡単で、無料!表示速度が少しでも改善されるのであれば、設定してみる価値ありですね。

表示速度がwebページの運営にも関わってくるようなので、試してみてはいかがでしょうか??

それでは、また〜!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です