【京都】粟餅所・澤屋で北野名物「粟餅」を食べてきました!

こんにちは!

北野天満宮の節分祭を存分に楽しんだ後、(【京都】北野天満宮の節分祭に行ってきました!
ご飯を食べてなかったので、以前の散歩記事でも登場したお豆腐料理が食べられるとようけ茶屋でランチ。
(関連記事:北野天満宮周辺をぶらぶら!ランチ&コーヒータイム

お腹が満たされたところで、甘いもの食べたいな〜!ってことで北野天満宮の目の前にある「粟餅所・澤屋」で名物の粟餅を食べてきました。
これがなんとも優しい甘さで美味しかった!ということでそんな様子をお届けします!

粟餅所・澤屋で北野名物「粟餅」を食べてきました!

やってきました!
場所は北野天満宮目の前。
ランチをしたとようけ茶屋から30秒くらい西に行ったところ。

歴史ある看板が趣があっていいですね!
創業は江戸時代なんだとか。

さっそく中へ入ると、すぐに注文を聞かれます。

3個入りの紅梅か5個入りの白梅のどちらか。
ランチ後すぐだったのでボクたちは3個ずつにしておきました。

お餅を作るのは注文が入ってから。
こうやって注文の個数に合わせて作ってくれます。

きました、こちらが粟餅!
きな粉はたっぷり、餡はツルツルのこしあんです。

一口食べるとすぐ後悔!
5個にすればよかった〜。

餡もきな粉も甘さは控えめ。
ほんのり粟の食感が残っていて美味しい〜!
何より米のお餅よりあっさりしていて、何個でも食べたくなる!

すぐ食べてしまって、ごちそうさまでした〜!

そういえば、お店の方が隣のお客さんにこんなことを言っていました。
この粟餅、持ち帰りもできるんですが賞味期限は絶対当日中なんだとか。
時間が経つと固くなって美味しくないからと。
そんなこだわりがいいですね〜!


というわけで、北野天満宮目の前の「粟餅所・澤屋」で粟餅を食べてきました!
あっさりで何個でも食べられる粟餅に病みつきでした。
なんでも、夏限定で粟餅氷が登場するという情報を見つけたので、次は夏に行きたいな〜!

それでは、また〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です